エンゼル矯正歯科・小児歯科クリニック|静岡県静岡市の矯正歯科。目立ちにくい歯列矯正:裏側からの矯正・白いワイヤーが可能です。【相談無料】

矯正歯科(矯正治療)

矯正歯科の抜歯について

A.なぜ歯を並べるために、抜歯が必要でしょうか?

矯正歯科では、適切な歯列を作るために、歯を抜くことがあります。
4人がけのベンチには、6人はきちんと座れません。
そこで、2人にどいてもらい、4人がきちんと座るという考えです。

歯を抜かないで無理に歯を並べると、以下の可能性があります。
1)歯列が拡がりすぎて、歯が前に出る。
2)治療後に戻りやすくなる。

検査結果を元に、患者さんと相談して抜歯か否かを決めます。

B.抜歯の治療例

1)ぼこぼこ ボコボコを治す場所作りのために、上下の4番目の歯を抜きました。
ぼこぼこ

2.抜歯の治療例(2) / 矯正歯科5

2)出っ歯 上の歯を後ろに下げるために、上の4番目の歯を抜きました。
出っ歯
3)受け口 下の歯を後ろに下げるために、上の4番目の歯を抜きました。
受け口

矯正歯科5C.抜歯症例 歯を抜いた治療の流れの一例

1. 抜歯症例 【症例】 受け口(上と下のかみ合わせが反対)
【治療方針】 上が下より前で咬めるようにする。
歯を抜いた治療の流れ
2. 抜歯症例 【上】 全体を整える治療の開始です。
【下】 
歯を抜いた治療の流れ
3. 抜歯症例 【上】 整ってきました。
【下】 下げるために両側の前から4番目の歯を抜きました。

3.抜歯症例(2) / 矯正歯科5

4. 抜歯症例 【上】 ほぼ良い状態です。
【下】 抜歯した場所を埋めるように前歯が下がってきました。
歯を抜いた治療の流れ
5. 抜歯症例 受け口が治りました。
【下】 抜歯したところは埋まりました。



Copyright(c) 2008 Angel Orthodontic and Pediotoric Dental Clinic. Designed by WEB SUCCESS.