エンゼル矯正歯科・小児歯科クリニック|静岡県静岡市の矯正歯科。目立ちにくい歯列矯正:裏側からの矯正・白いワイヤーが可能です。【相談無料】

歯医者さんへのよくあるご質問

矯正について

1:いつから矯正治療を始めたらいいですか

歯並びの状態によります。指しゃぶりなどの癖を伴う場合や、このまま放置すれば悪化する場合(受け口・アゴのよじれ・・)は、就学前の乳歯の時からの治療が必要です。
また、出始めた永久歯の前歯のボコボコは、小学校低学年から歯列を広げる治療が効果的です。

2:治療期間・通院頻度はどのくらいですか

通院期間は、治療開始時期・症状で異なります。歯を動かす期間は、1年~3年程度です。
通院頻度は、歯を動かしている時期は月に1回程度、チェックをしていく時期は年に数回程度です。

3:できたら歯を抜かないで矯正治療したいのですが

アゴが狭くてボコボコを治すため、出っ歯を下げる場所を作るために、抜歯(歯を抜く)をすることがあります。
私は歯を抜かないで矯正治療を受けましたが、抜歯が必要な場合はより丁寧な説明が必要だと思いました。
当院では、自分の経験を踏まえて抜歯治療か否かは、その長所と短所を説明し相談の後に治療方針を決めています。
非抜歯治療は年齢を問わないこともありますが、乳歯が残っている時期が治療しやすい場合があります。
非抜歯治療をご希望の方は、小学生の頃に一度ご相談(相談料は無料です)ください。

矯正歯科7-よくあるご質問-

4:取り外しができる簡単な装置でも治療ができると聞きました

歯並びによります。矯正治療では、症状に応じた装置を使い治療します。 例えば、入れ歯タイプの装置で、あごを広げる、出っ歯の改善などの大まかな治療。
マウスピースタイプの装置で、わずかな歯の移動をすることもあります。 それぞれの装置が長所と短所を持っていますが、これらの装置は補助的な役割、あるいは部分的な治療しかできない場合があり、歯全体の治療は、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を付けて治すのが一般的です。 装置を適材適所で使用し、大学病院で習得したスタンダードな治療を心がけています。

5:歯の表に付く装置が気になります

歯の表面に付く装置(ブラケット)が気になり、矯正治療をためらう方がいらっしゃるのは事実です。その一方で、人は他人の矯正装置は気にしていないこと、ご自身も矯正装置に慣れてくるのも事実です。
当クリニックでは、透明のブラケット・白い針金・裏側からの矯正などで、患者さんのご要望にお応えします。

6:矯正治療をする上での禁止事項はありますか

禁止事項はありません。今までと同じ生活をしてください。ただし、矯正治療をスムーズに行うために、装置が取れないようにすること、虫歯になりにくくすることなどは大切です。
そのために、ご協力いただくことがありますので適宜説明していきます。

7:不快感や痛みはありますか

治療開始時や、新しい針金に替えたり、新しい装置を入れた時は多少の不快感はありますが、ずっと続くものではありません。徐々に慣れていきますので、日常生活には差し支えないようです。

矯正歯科7-よくあるご質問-

8:矯正装置を付けたままで、運動(空手・サッカー・バスケット・・)や楽器(フルート・サックス・・)をしてもいいですか。

個人差がありますが、運動する方にはマウスピースを渡しています。管楽器については唇との微妙な当たり方は分かりませんが、部活動には差し支えないようです。

9:医療費控除の対象になると聞きましたが。

医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った方が、確定申告をすことで税金が個人の状況に応じて戻ってくる制度です。矯正治療費はお子様はもちろん、成人の場合も対象となる場合があります。
ご希望の方には診断書を書きますので、ご相談ください。詳しくは国税局をご覧ください。

10:虫歯になりやすい気がします

確かに、矯正装置が装着されていない場合に比べると、虫歯になりやすい環境になります。来院時に清掃しますが、来院は月に1度ですので、日常の歯磨きが大切です。将来のためも、ご本人がきちんと歯磨きできるようにお手伝いしていきます。
歯磨きで、装置が外れることはありませんので、特に装置の周りの歯磨きは励行してください。

11:装置が取れたらどうしますか

矯正装置は、治療終了後にきれいに外せるレベルの接着力で付いています。
したがって何らかの外力、たとえば
1)固い物を食べて装置だけに力がかかる 2)装置が気になり、指でさわる などで外れることがあります。
装置が外れた場合は、ご連絡ください。様子を見る場合と、すぐ処置が必要な場合があります。

矯正歯科7-よくあるご質問-

12:後戻りはありますか

矯正治療をしていない方も歯は生涯動き続けますから、全く変化しないことはありません。
成長が終了した患者さんが保定装置をこちらの説明の通りに装着していれば、大きく戻ることはありません。


矯正のご相談は無料です。お気軽にどうぞ。



Copyright(c) 2008 Angel Orthodontic and Pediotoric Dental Clinic. Designed by WEB SUCCESS.